地下水位低下システム

通常の地下水位低下工事では、鉛直井戸が一般的ですが、地上に樹木がある場合や地上が斜面になっている場合はその直下の井戸設置は容易ではありません。本工法では近傍の立坑から水平方向に井戸を設置しますので、地上の状態に関係なくその直下に容易に設置可能です。このように、マルチ水平ウェル工法を適用すれば、効率的な地下水位低下工事を実現します。

地下水位低下システム


地下水集水システム

浅層地下水の安定的な大量取水において、従来の地下水取水技術にはなかった最適な取水設備設計を可能にしました。特長としては、広範囲の滞水層地盤に適応可能なことやMHW特殊スクリーンの耐久性・集水能力が優れていることなどが挙げられます。


地下水集水システム

保有技術

水平井戸による循環式浄化システムの解析事例がご覧いただけます。

資料ダウンロード

閲覧にはPower Point 2003以上もしくはppviewerが必要です。
 

個人情報保護方針について